【アトピー対策実践記01】ゴム手袋と木綿手袋2枚重ねで、水仕事対策!

木綿の手袋とゴム手袋

 

アトピー対策実践記♪

第一回は、手のアトピー対策「手のアトピーがひどい時は手袋を2重にして料理してました!」です。

 

水仕事や料理の時に、ゴム手袋をはめての長時間作業すると、ゴム手袋の成分が原因で、手のアトピー症状がひどくなる時がありますが、この対策では、木綿の手袋をゴム手袋の下にはめる事でゴム手袋負けを防ぎます!

 

もちろん、untickleスタッフが実際に試してみました!

 

▼新宿御苑オフィス近くの100円ショップ

近くの100円ショップ

 

 

▼購入した木綿のドライブ手袋とゴム手袋(合わせて216円)

木綿の手袋とゴム手袋

 

 

▼まずは、ドライブ手袋をはめます。

木綿の手袋

 

▼次にゴム手袋をはめます。

ゴム手袋をはめます。

 

 

▼ゴム手袋をはめて準備完了!

ゴム手袋をはめて準備完了!

 

 

手のアトピーで水仕事などに悩んでいる方は、ぜひ試してみてくださいね♪

 

今回の対策は、みんなのアトピー対策共有サービス「untickle(アンティクル)」で読む事ができます♪

 

→手のアトピーがひどい時は手袋を2重にして料理してました

 

この記事を書いた人

野村 千代
野村 千代
untickle発起人。生まれつきアトピーで重度の症状により過熟白内障を患い失明状態に。その後も症状の悪化により3度社会生活を中断。2013年に本格的なアトピー改善に取り組むも、情報混乱のせいでなかなか自分に合う対策法が見つからず、苦労したことがきっかけで、untickleを立ち上げる。
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る