銭湯で本格アトピー対策を!豊富温泉と東京都港区のコラボイベントレポート

先月2月18日〜26日にかけて、東京港区の4ヶ所銭湯で日本で最もアトピーに優しいと言われている豊富温泉の湯を体験できるイベントが開催されました。私野村のアトピー悪化のせいで公開がかなり遅れてしまいましたが、今回はその時の取材レポートです。

toyotomi-minatoku

豊富温泉を体験できる銭湯は、区立ふれあいの湯、三越湯、玉菊湯、清水湯の4ヶ所で、この他に竹の湯では豊富温泉濃縮水などの特産品が販売されました。
▶ 豊富温泉 : http://toyotomi-onsen.com/
▶ 区立ふれあいの湯 : http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-110
▶ 三越湯 : http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-107
▶玉菊湯 : http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-106
▶ 清水湯 : http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-109
▶ 竹の湯 : http://www.1010.or.jp/map/item/item-cnt-108

 

fureainoyu▲ ふれあいの湯にて行われたオープニングイベントの様子

toyotomi1▲ 豊富温泉濃縮水を入れているところ。(写真:清水湯)

toyotomi2▲ 本場?に近い豊富温泉が再現されていました!(写真:清水湯)清水湯の代表大倉さん曰く、アトピーのお子さんをつれた親子の方々が多い印象だったとのこと。

mikoshiyu▲ 豊富町の役場の方が現場で直接説明をされている様子。(写真:三越湯)大手メディアでの宣伝効果もあり、想定以上に良い反響があったとのこと。

toyotomi3▲数量限定で入浴剤と割り箸のノベルティも配布されていました。(人気ですぐに無くなってしまったそう!)

takenoyu▲ 当イベントで使用されていた豊富温泉濃縮水をはじめ豊富温泉の特産品コーナー。(写真:竹の湯)

toyotomicorner▲ ちなみに豊富温泉濃縮水「肌うれし」はすごく人気で、急きょ在庫数を増やしたそうです。(写真:清水湯)

今回のイベントでは、原泉水ではなく濃縮したもの(I.Cコーポレーション社が提供)が利用されました。これは、原泉水の場合かなり油分が含まれているうえ、豊富温泉特有の匂いも残りやすいことから、管理コストなどを考慮した結果、濃縮水を採用したとの事です。過去に豊富温泉での湯治経験がある方にとっては少し物足りなさを感じるかもしれないですが、特にまだ体験したことのない方や、豊富に行ける環境にない方にとっての豊富温泉入門編としては良いのではないかと思います。
▶ I.Cコーポレーション : http://www.toyotomispa.jp/

この企画アイデアはもともと親交のあった豊富町と港区の役所の方々が情報交換をしているなかでふと生まれて、短期間で実現に至ったそうです。なので、私達アトピー当事者を主に想定した企画ではなかったですが、結果としては、都心の当事者にとってとても有難いイベントであったと言えます。

またこのイベントは、豊富温泉を都心でも気軽に試すだけでなく、銭湯という身近にある施設で本格的にアトピー対策ができる、という点でとても意義のある企画だったと思います。

まだまだオフラインでのアトピー対策&当事者交流ができる空間が圧倒的に足りていないなか、もし今後日本中の銭湯がその役目を担ってくれるとしたら、きっと多くの当事者のQOL向上に繋がるはずです。当事者として、そしてuntickleとして、今回のイベントが一度きりでなく、継続的に続いて欲しいと切に願います。

最後に、インタビュー及び資料提供にご協力下さった豊富町の役所の皆さま、I.Cコーポレーション様、清水湯様に心より感謝致します!

この記事を書いた人

野村 千代
野村 千代
untickle発起人。生まれつきアトピーで重度の症状により過熟白内障を患い失明状態に。その後も症状の悪化により3度社会生活を中断。2013年に本格的なアトピー改善に取り組むも、情報混乱のせいでなかなか自分に合う対策法が見つからず、苦労したことがきっかけで、untickleを立ち上げる。
Pocket
LINEで送る