hardwork

アトピーの人がアルバイトを選ぶ際に気をつけたい3つの職種

アトピーの人がアルバイトを選ぶ際に、避けておきたい3つのバイトについてご紹介です。接客、飲食、肉体労働のようなハードワークを選ぶ際の注意点を、ライターシンが自らの体験から解説します。

path

天国にいる後輩がアトピーの私に教えてくれた事

untickleライターのTomoです。ある後輩との出会いが、私に、アトピーを自分にとって「克服する対象」から「共存相手」に変えていくキッカケをくれました。

lunch

アトピーの人がランチに誘われた時に使いたい、2つの方法

今回は、僕が、上司、同僚、友達から、外食ランチに誘われた時に、使っている2つの方法をご紹介します。アトピーの人が、ランチの時間のヘルシーに過ごすのに大事なのは、意思表示!

fleep

決め手は素材と肌触り!アトピー女性の冬のインナー選びのポイント

アトピーの人がおしゃれにファッションを楽しむ!今回は、アトピー女子が知っておくべき冬のインナーウェアの選び方についてまとめてみました!

海外旅行中の風景

海外旅行先でも、すぐに、簡単にできる3つの乾燥肌対策

イギリスの乾燥した気候が厳しかったため、手や足がかなり乾燥してしまいました。その際の簡単にできる3つの乾燥肌対策をご紹介します。

食事でアトピーを改善した料理研究家、高窪美穂子さんの料理講習会

100%天然素材家庭料理研究家で、基本の天然だし、伝統的な調味料類や塩麹が素材の味を引き出すことに着目した家庭料理を研究・実践されている方です。もともとアトピー体質で、特に手に症状がでる傾向にある高窪さんは、一度はアトピーが理由で手が荒れてしまうため、料理家になるという夢を断念。

work

2回のリストラを経て思うアトピーと仕事のこと

私は生まれたときからアトピーで、約20年間のステロイド治療の後、脱ステロイドをして10年ほどが経ちます。アトピー治療と仕事の両立はなかなか難しいですが、1人暮らしの生活を維持する為にも働かなくてはいけません。

life

私が「アトピー人生も悪くない」と思えるようになった理由

生まれてからずっとこれまでの人生でアトピーを意識しない日は無かったと思う。どんなにアトピーが落ち着いている時期でも、どこかしらの部位に炎症があった。どうして自分だけがこんな苦しい目に合わなくてはいけないのか。こんな風に産んだ両親を恨んだこともある。

メンテナンスによるアクセス不具合に関してのお詫び

18日お昼頃からサイトメンテナンスの関係上、一時的にアンティクルのサイトにアクセスしずらい、及び表示されない状況になっておりました。本日無事メンテナンスの方が完成し、現在はまた皆さんにご覧になって頂ける状況になっております。この度は長時間ご不便をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。

room

アトピー性皮膚炎を抱えながら仕事を続けていくために

アルバイト、派遣社員、契約社員。働きかたはさまざまですが、皮膚炎を患っていると、「生きていく上でどうしても必要な「仕事」についてどう向き合えばよいか、どう両立をしていけばいいのか?」