アトピー肌に優しい!山梨県・はやぶさ温泉レポート!

こんにちは、untickleライターのshinです!

アトピー治療の方法のひとつとして温泉での湯治が挙げられることはこのコラムでも何度かお伝えしてきましたが、今回はまたまた新しい温泉を見つけたのでご紹介しちゃいます!
今回の温泉は、山梨県・塩山にある「はやぶさ温泉」です!

はやぶさ温泉のアクセスについて

 

はやぶさ温泉は、山梨県山梨市牧丘町隼にあります。「隼」の地名にちなんだ温泉名ですね!

はやぶさ温泉地図

山梨県はブドウの名産地ということもあって、果樹園(食べ放題もたくさんあります!)やワイナリーが数多く開かれています。

山梨名物である「ほうとう」をふるまうお店も多く、温泉にゆったり浸かった後は、のんびり食べ歩きに出掛けても良いですね!

さて、はやぶさ温泉へのアクセスですが、今回は家族同伴のもと車に乗って行ったところ、東京都心からはおよそ1時間ちょっとで到着しました。アクセスの良さが映えますね。
電車を利用した場合は都心からであれば特急に乗っておよそ2時間程度で最寄駅である塩山(えんざん)駅に到着します。

hayabusa_01

建物はちょっと古めかしくも優しい雰囲気。カラカラと扉を開けて、いざ温泉内へ!

はやぶさ温泉の泉質について

 

実際に温泉へ入浴すること、およそ20分以上。徐々に身体が温まってきて良い感じです。日頃シャワーで済ませる生活が多いと、足を伸ばしてじっくり湯船に浸かるだけでも気持ちがリフレッシュしますよね。

この温泉の素晴らしいところは、源泉かけ流し、そしてシャワーやカラン(蛇口)から出るお湯もすべて温泉であることです!

髪や身体を洗う時も、源泉であれば温泉の効果を身体に留められます。せっかく温泉に浸かったんだから、なるべく水道水は避けたいところ。
こうした工夫が、肌の回復のひとつひとつに繋がっていきます。

 

そんなはやぶさ温泉の泉質は、「アルカリ単純泉」です。
自分が以前の記事で紹介した湯原温泉も同じアルカリ単純泉ということで、身体に馴染みのある泉質です。
過去記事「中国地方の名アトピー療養場、湯原温泉レポ!」

本当は別の泉質の温泉にも入ってみたいのですが、身体がビックリして急激な体調の変化が起こらないよう、温泉に出掛ける時はなるべく同じ泉質の温泉に入るように気を付けています。

このあたりは皆さんも気をつけてみてくださいね!

hayabusa_02

温泉の建物内には広い休憩室があります。軽食も販売されているので、腹ごしらえもできます!

また、お土産として地元で採れた野菜が売られているほか、、、なんと温泉水そのものがペットボトルに詰められて飲用水として販売されています!

確認したところ通信販売も行われているようですので、興味のある方はこちらのリンクからどうぞ!
「りょう泉はやぶさ」販売ページ

 

はやぶさ温泉は、関東近県に住んでいて、アトピー肌を治したい人は一度訪れる価値があるように思えました。北海道や九州等、やや遠方にある温泉には通いづらい…でも温泉には入ってみたいという人は、ぜひ一度足を運んでみて欲しい温泉です。

これから寒い季節がやってきます。寒さで身体が冷えると免疫力の低下にも繋がります。
身体を温める方法のひとつとして、読者の皆さんも温泉を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

☆☆☆☆☆☆untickleからのお知らせ☆☆☆☆☆☆

untickleSNSバナー

 

この記事を書いた人

shin
shin
1982年生まれ。早稲田大学卒。社会人生活6年目。大学四年にアトピーが発症してから、現在に至るまで様々な治療を試みながら、アトピーケアと仕事の両立について前向きに取り組んでいる。『大学退学後、契約社員を経て再入学を果たす』『ヨーヨーのプロデモンストレーターとして、全国各地でデモンストレーションを行う』『学生、社会人向けの勉強のコツを記した本の編集』など、異色の経歴を持つ。人の話を聞く役回りが多く、とある恩師に師事して学んだ心理的アプローチを通じて、『知り合った相手すべてに安らぎと笑顔を与えること』をモットーとしている。
Pocket
LINEで送る