アトピーによい食物繊維が多く含まれる食品まとめ(前編)

納豆そば

 

こんにちは、untickle(アンティクル)広報の榎本晋作です^^

ちまたでも多少話題になっているそうですが、untickle発起人こと代表の野村千代さん、忙しすぎて食生活が大変な事になっているそうです。。。

 

「明日から使えるアトピー情報」というコンセプトを掲げているuntickleコラムですが、身内が倒れてしまっては説得力に欠けてしまいます。。。

 

そんなわけにはいかないので、今回から2回に分けて、忙しいアトピーの人でもできる「食物繊維(しょくもつせんい)」が多く含まれる食品の紹介と日常生活に気軽に取り入れる方法についてご紹介したいと思います。

 

■目次

———————————–

1.そもそも食物繊維とは何か?なんでアトピーによいの?
2.ネバネバ系そして海藻類
3.玄米、そばなどに炭水化物をスイッチ!!

———————————–

 

■そもそも、食物繊維とは何か?なんでアトピーによいの?

 

 

まずは根本的な事から!

そもそも、食物繊維とは何かと言うと、

コレステロ-ル低下作用や大腸癌(だいちょうがん)、大腸憩室(だいちょうけいしつしょう)予防効果等から、第六の栄養素として認められるようになった
腸内の有害・有毒物質や血中コレステロール等を吸着して体外に排泄させる働き
腸内環境をよくする

http://www.i-madoka.com/dietary-fiber.htmlより引用

 

などのような効果があるとよく言われています。(よく言われるデトックス効果)

 

また、アトピーの人に限定して言うと、

————————————————

現代人がどうしても接種してしまう食品添加物の中に含まれるグロブリンM

グロブリンMがアトピーの症状を悪化させる原因になると言われている。
(アトピーやアレルギーを生み出す「グロブリンE」を生み出す

このグロブリンMを抑えるのが食物繊維

————————————————

という事のようです。

 

つまりは、添加物などを接種してしまいがちな現代人のアトピーの人にとっては意識して接種しておく事によって症状を抑えるのに必要性栄養素が食物繊維になります。

1日に必要な量は「成人男性:19g,成人女性17g」と言われています。
https://www.otsuka.co.jp/health_illness/fiber/take_fiber/daily_amount/より)

 

「理屈はいいから具体的にどうすればいいの!?」

 

にお答えするのが、untickleコラムの役割なので、ここから具体的に「何に食物繊維が多く含まれていて、日常生活にどう取り入れられるか!?」をご紹介します。

 

■ネバネバ系そして海藻類

 納豆のパック

 

繊維という言葉からレタスのようなシャキシャキ系を想像される方が多いのですが、実はレタスの食物繊維は100gで1.1g。。。

1玉が200g程度だとすると2.2gなので、1日に必要な食物繊維をこれで取ろうとすると、レタス8玉も食べなければいけない事に。。。

 

実は食物繊維が多く含まれるのが海藻とネバネバ系!

 

例えば、ひじきは100gで食物繊維が43.3g(1回摂取量を5gとしてもレタス1個分以上!)、カットわかめも100gで35.6gです。

ネバネバ系だと、納豆がおすすめ!100gに6.7g。1パック50gだとすると約3.4gの接種が可能になります。

 

なので、普段の食生活に簡単に導入しようと

朝:納豆
お昼:海草サラダ

というラインナップだと比較的簡単に食物繊維を接種しやすくなります。お昼に学校や職場で納豆は気がひけると言う方もこれで安心♪

 

ちなみに以前、untickle発起人の野村が料理研究家の高窪さんの料理教室にて、食物繊維いっぱいの昆布出汁料理を学んできましたので、こちらも合わせてどうぞ!

 

→食事でアトピーを改善した料理研究家、高窪美穂子さんの料理講習会

 

■玄米、そばなどに炭水化物をスイッチ!!

玄米

 

食物繊維は炭水化物にも含まれます。ですが、白米、うどんに含まれる食物繊維はそれぞれ100gで0.3g(白米)0.8g(うどん)です。

 

これを玄米とそばに変化させると、100gで1.4g(玄米)、2.0g(そば)になります。身近な炭水化物を変化させるだけで、食物繊維を効率的に接種する事ができます。

 

お茶碗1杯が女性盛りで約100gなので1日3食がご飯だとしたら、4.2g接種できる事になります。お昼もそばにすれば、効果は倍増!(ねばねば系のおそばなども効果大!)

 

ちなみに大麦だと100gで9.6gも含まれるので麦ご飯もおすすめです^^

「玄米はちょっと胃が疲れる。。。」

という方は、五穀米を購入して少しだけ白米に混ぜて炊く(大麦も同様)などもおすすめです^^

 

このような商品が便利ですのでよかったら試してみてください^^

 

の蔵 古代五穀米

 

※今回の数値などはこちらのサイトを参考にさせていただきました。
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/fiber.html 

 

以上、アトピーによい食物繊維が多く含まれる食品前編でした!

 

次回は後編をお届けします^^読者の皆様、楽しみにしていてくださいね♪

 

榎本

 

 

☆☆☆☆☆☆untickleからのお知らせ☆☆☆☆☆☆

untickleSNSバナー

 

 

 

この記事を書いた人

榎本 晋作
榎本 晋作
1985年生まれ。フリーのマーケターとして中小企業のWeb戦略を支援。幼少時、アトピーと食物性アレルギーだった背景から「アトピーに対する情報発信の必要性」を感じ、untickleプロジェクトに参画。主に記事制作のディレクションからソーシャルメディアに至るまで「情報発信」に携わる部分を担当。現在、イギリス在住。
Pocket
LINEで送る