アトピー経験から始めた農業で、生きる意味を見つけた【kanade農園レポ③】

kanadeさん3

 

皆さんこんにちは!熊本在住の浅見です。

あっという間にもう、最終回!

kanade農園レポ③をお届けしま〜す!

前回記事→農業でアトピーに負けない生命力を【kanade農園レポ②】

 

 

1.「…野菜を、笑顔に変えるんだ」

突然ですが、「生きている意味」って、何でしょうか?

私事ですが、社会人になってからよく考えるようになりました。

現在の私の職業はというと、端的に言えば、人を笑顔にしている仕事です。

 

多くの従業員が携わり、

研究開発、製造、セールスを通して、

世界中のお客様に役立つ喜びを届けています。

 

その中でも私は、製造における品質保証(全体のごく一部)を担当しています。

 

 

一方で、kanadeさん。

kanadeさんのお仕事も、人を笑顔にしています。

しかし、kanadeさんの生き方が魅力的に映るのはなぜでしょうか。

取材を通して、恐らく、kanadeさんのこの一言に尽きるのではないかと感じました。

 

「生きている意味…自分で作ったもので人を笑顔にできるって、幸せだよね」

 

40

 

kanadeさんは、自分の足で立って、生きている。人を笑顔にして生きている。強く。

…「野菜を、笑顔にかえるんだ」

ふと、どこからか、聞こえた気がしました。

 

私は、大切なことに気がつかせていただきました。

 

強く生きるということ。

私の立場で置き換えるなら、携わっているのはごく一部とは言え、

「危機感を持ち主体的に仕事を進める」でしょうか。

大きな組織の中にいると、忘れがちになってしまう感覚です。

 

そして、人を笑顔にするということ。

そこに「生きている意味」があるのではないかと感じました。

 

kanadeさん、素敵な言葉をありがとうございました!

 

 

2.kanadeさんの有機野菜を食べよう!

Kanade農園さんブログ

Kanade農園さんブログ

 

見出しが食べよう!となっていますが、

残念ながら有機野菜の発送は現在やっていないのです~(><)

しかーし!取材後kanadeさんから嬉しいメッセージを頂きました!

 

「今、野菜の送りはやってません^^;

理由は、特に今回の大型台風でやられたので、送れる品目が少ないからです。

ひとりで、年間通じて約10種の野菜を作るのは非常に困難で、それもあって先輩と共同でのネット販売計画を進めてます。

ただ、少品目でもいいという人、もしくは業者さんもいるかもしれないので、問い合わせは受けます!」

とのことでした!

kanadeさんの作る有機野菜を食べてみたい!と感じた方は、是非kanadeさんへ注文してください。

注文フォーマットはありませんので、直接メールの送信をお願い致します。

※少品目に限ります。また、ご注文に対応できない場合もあります。ご了承ください。

 

《untickleの記事を見て》と入れて頂けますと、kanadeさんから何かしらのサービスがあるかもしれませんよ!

 

メッセージにあった通り、現在、より多くの方に有機野菜の良さを知って頂くために、ネット販売を開始する準備をされています。

 

待ち遠しいですね!

 

☆ご注文はこちら☆

kanadeさんメールアドレス:hiro.vn@live.jp

kanadeさんのブログ「アトピーから有機農業へ」

http://blog.livedoor.jp/j068clmv/

 

3.取材を終えて

あっという間の3時間。

kanadeさんの魅力的な考え方、生き方に浸っていたからでしょうか。41

今回の取材、とても有意義な取材をさせて頂きました。

 

kanade農園代表 kanadeさん

untickle代表 野村さん

今回、このような機会を与えて頂き、ありがとうございました。42

kanadeさんのカッコイイところ、魅力的なところを、伝えきれたかなぁ…。

「質問力」、もっと、磨いていきます。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!43

 

魅力的な方をあなたの傍に届けます。

あなたを笑顔に、元気にするために!

 

untickle 九州特派員

浅見

 

 

☆☆☆☆☆☆untickleからのお知らせ☆☆☆☆☆☆

untickleSNSバナー

 

 

この記事を書いた人

浅見浩志
浅見浩志
1987年生まれ/岐阜県出身/ストリートダンサー/名古屋大学卒業/本田技研工業(株)勤務/熊本県在住/アトピー持ち/何のために生まれてきたのかな?という素朴な疑問に答えを見つけるため、これからは生きていこうと決意。特に自身のアトピーの苦しみを、人のために活かしたい。人生模索中!
Pocket
LINEで送る