アトピーによる外見へのストレスが引き起こす3つの症状

 

アトピーは管理状態によって全く症状が無いように感じたり、逆にすごく深刻にも感じられる疾患だ。ある時は外見上とてもひどい状態になったり、またアトピーとは思えない程良好な状態が続くこともある。

韓国江南センセン漢医院のイ・ソンジュン医師によると、子どもは自身の皮膚に対して痒みや痛みなどの感覚的な不便さが無ければよく我慢して耐えるが、思春期になると皮膚で感じる感覚の不便さよりは外見上の理由に対してより苦しむという。

例えば、幼いころに消えない深刻な傷跡ができても大くは乗り越えられるが、思春期以降に傷跡ができた場合は長く心に深い傷として残る。

外見へのストレスで、アトピーが更に悪化する?

cry

 

成人アトピーの人は小児アトピーに比べ、ストレスにより敏感な反応を見せるというアンケート結果がある。

子供の脳は相当な柔軟性を持ち、精神的衝撃に対して防御するシステムを上手く作動させるという。だが人格ができ脳が性向して偏向性を持ち始める青少年期以降になると、ストレスが「万病のもと」として本格的に作動し始める。

健康な人でも、例えすごく秀でた外見であっても、思春期を過ぎると誰もが外見に対して悩み始める。そして外見に対するストレスは、現在の自尊心と未来に対する不安へと繋がるのだ。

アトピーによる外見へのストレスが引き起こす3つの症状

worry

 

青少年以上の年齢層のアトピー患者の場合、皮膚の不便さよりは、外見に関連したストレスを主にした症状へと繋がることが多いが、深刻になると下記のような反応が起きたりする。

1:美味しく食べていた食べ物がいつからか嫌いになり、不思議とその食べ物を食べると消化不良や腹痛が起き、アレルギー反応にでも起きたかのように下痢をするようになる。

2:不安感、焦燥感に支配され、よく眠れない状態になる。

3:どこへ行っても緊張状態になるとひどく尿意を催したり、頻繁に大便をしたりするようになる。このような変化を漢医学では「胸がどきどきする」という意味を持つ「悸」という用語を使用して表現する。つまり心の変化によって消化系統に予測不可能で不規則な現象が起こることを意味する。

日常における些細な事がアトピーを悪化させる

foods

 

イ・ソンジュン医師は、アトピー患者の皮膚を悪化させる要因は、実際には些細なことだと言う。皮膚の摩擦、体に合わない食事、ストレス、温度、湿度など、様々な些細な要素に対して敏感に反応するのだ。

またアトピーの人の皮膚を敏感にする要素は皮膚に対する特定の刺激だけでなく、感情による消化問題、大小便問題など他系統の問題と密接に関連していて、症状が悪化したり好転したりする。

アトピーは治りづらく頻繁に再発もし、長期間の管理が必要な疾患だ。長い時間をかけて自分なりの経験を通じて自分の病を理解するにつれ苦しさが減っていく。まずはどんな条件になった時に自分の症状が悪化するのかをきちんと知ることが大切だ。

※参照記事:wikitree 2013-6-18 “성인 아토피, 증상 악화 요인은?

 

 

☆☆☆☆☆☆untickleからのお知らせ☆☆☆☆☆☆

untickleSNSバナー

 

 

 

この記事を書いた人

野村 千代
野村 千代
untickle発起人。生まれつきアトピーで重度の症状により過熟白内障を患い失明状態に。その後も症状の悪化により3度社会生活を中断。2013年に本格的なアトピー改善に取り組むも、情報混乱のせいでなかなか自分に合う対策法が見つからず、苦労したことがきっかけで、untickleを立ち上げる。
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る