なぜアトピーに良いと言われる食べ物・治療剤が自分に効かないのか?

アトピーと免疫体系

body

 

アトピーは酷い痒みと皮膚の乾燥を伴う皮膚疾患だ。すでに現代人にとって聞き慣れた皮膚疾患ではあるが、原因が何か、治療方法は何かという事に対してはあまりに多くの情報が溢れていてむしろ正確な情報を探すのが難しい状況である。

またアトピーに良い食べ物や治療剤だと謳う製品は常に沢山出回っているが、実際にこのような方法で効果を感じる人は少ない。なぜこのような状況になるのだろうか?

アトピーは主に幼い頃に始まる慢性的で再発の可能性がある炎症性皮膚疾患で、発病した際に主に抗生剤やヒスタミンといった処方を受ける場合が多い。しかしまだ自身の免疫体系がしっかりしていない時に必要最低限以上の薬物摂取により免疫体系の異常が起こり、慢性的なアトピーへと発展してしまう場合が多いという指摘がある。

こうして慢性へと発展したアトピーは皮膚が乾燥し、全身に発疹ができ、裂けたり硬くなったりし、傷がただれた部位にかさぶたができ、極度に耐え難い痒みまでも伴う。
喘息やアレルギー性鼻炎などの合併症状まで起こることもあり、こうなると尚さら正確な原因の診断と持続的な初期治療が重要である。

アトピー治療には摂取よりも制限・排除の概念が必要

check

 

最近アトピーの原因は皮膚の問題ではなく、免疫体系の異常によるものだという視点から治療を行う病院が増えてきている。

心理的に鬱病や不安症状があると痒みがより悪化するため、自身の免疫状態を見直し間違った部分が何か、病理的段階はどこまで進んでいるのか、体質的特性は何かを正確に把握することが重要だ。

これまで色々なアトピー治療法を使用してみても効果が目に見えない原因は、まさにこの差異が考慮されていないからである。

食べ物は体質によって食べるべき・避けるべきものが違ってくる。保湿剤は刺激が少ない製品を使用することが大事だが、重要なのはアトピーの原因を探して治療することだ。

コ・ウンギョル漢医院のイ・ジョンウ院長は「まず免疫力の正常化を通じてアトピーの誘発因子を治療し、制限食事指針と食事日誌で患者の食生活を調節してあげることで人体の自制力を回復させれば、アトピーは単純な皮膚疾患に過ぎないのだ」と述べた。

※参考記事:MoneyWeek 2013-11-05″아토피 “면역체계 확립을 통한 자연적인 치료가 최선

 

 

☆☆☆☆☆☆untickleからのお知らせ☆☆☆☆☆☆

untickleSNSバナー

 

 

この記事を書いた人

野村 千代
野村 千代
untickle発起人。生まれつきアトピーで重度の症状により過熟白内障を患い失明状態に。その後も症状の悪化により3度社会生活を中断。2013年に本格的なアトピー改善に取り組むも、情報混乱のせいでなかなか自分に合う対策法が見つからず、苦労したことがきっかけで、untickleを立ち上げる。
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る