アトピーの遠赤外線治療が自宅で気軽にできる時代に!

 

こんにちは!編集長の野村千代( @chiyostweet )です!

今回も、韓国の最新アトピーニュースから、日本人にも役立つ情報をシェアしたいと思います。

最近、韓国では、「アトピー治療の一つに遠赤外線を取り入れることは有効である」という認識は広がりつつあります。

その遠赤外線治療を、なんと自宅で簡単にできる時代がやってきました!それも日韓両方でです!

 

以下、それに関する、韓国からのニュース情報をご紹介します!

「都市化」と「産業化」による生活環境の変化、有害化学物質の増加、ストレス、免疫体系の悪化などで発生する皮膚疾患である「アトピー」は、治療が難しい上に再発する場合が多く「現代人の難治病」と呼ばれています。

アトピーは、深刻な「皮膚の痒み」だけでなく、日常生活の不便さと睡眠障害までも引き起こし患者を苦しめるもの。

そして、皮膚の痒みがひどいアトピーの治療法は、ステロイドを利用した鎮静(ちんせい)治療をするのが一般的です。

ですが、ステロイドを長時間使用すると白内障及び緑内障の悪化、成長抑制、老化促進、肝臓の損傷、糖尿、動脈硬化などを誘発することもあるとの報告があり、注意が必要です。

そして、最近、このような副作用なくしてアトピー患者の苦痛を和らげてくれる医療機器が発売され話題になっています。

それは、食品医薬品安全処(MFDS)から許可を受けた「ストーンタッチ」という携帯用アトピー治療器です。

 

ストーンタッチ(stonetouch)

 

ストーンタッチは、特許をうけたアルミナ石から発生する遠赤外線を利用し、皮膚の中に浸透した菌を殺し、遠赤外線の熱感が皮膚を落ち着かせ、痒みを抑えてくれますものです。

人工骨を作る生体材料と、高温の熱に耐え得るアルミナ石の組成比率を80%に合わせ、4〜16マイクロンの遠赤外線長波長を発生させる事でブドウ常在菌を殺菌してくれます。

 

ストーンタッチは、は韓国国内で、軽症や中症の成人アトピー性湿疹(しっしん)及び、痒みを緩和させる医療機器として、初めてMFDSから許可をうけた赤外線照査器となります。

 

すでに、各種の特許を取得し、現在、国際特許とヨーロッパ35カ国の特許を出願中との事。

stonetouch2

 

また、ストーンタッチの効果はソウル内の大学病院2ヵ所の臨床実験でも確認されています。

発表データによると、ストーンタッチを2週間利用したところ、「アトピー性の湿疹・痒みが平均89.5%、皮膚病変炎症が約75%治療され、遠赤外線の照査も皮膚に大きな刺激を与えない」との事。

開発者のイム・ドンギ博士は、

「顔、頭、腕・足の外側に発生する幼児アトピーから手の湿疹から始まる成人アトピーまで、アトピーが伴う身体的、精神的、物質的な難しさは言葉にできない。

10年以上の研究及び、臨床実験を経て発売に至ったストーンタッチは、ステロイドや抗ヒスタミン剤に対する危険や負担なしに毎日長時間の使用が可能で、より多くのアトピー患者にとって安全な治療器となるだろう」

と報告しています。

 

以上です。

 

これはぜひ日本でも発売して欲しいですね!価格は458,000ウォン。日本円で約4万弱だそうです。

※元記事:NEWSIS 2013-10-23″휴대용 아토피치료기 ‘스톤터치’, 피부가려움증 해소 높은 효과

 

 

 

☆☆☆☆☆☆untickleからのお知らせ☆☆☆☆☆☆

untickleSNSバナー

 

 

この記事を書いた人

野村 千代
野村 千代
untickle発起人。生まれつきアトピーで重度の症状により過熟白内障を患い失明状態に。その後も症状の悪化により3度社会生活を中断。2013年に本格的なアトピー改善に取り組むも、情報混乱のせいでなかなか自分に合う対策法が見つからず、苦労したことがきっかけで、untickleを立ち上げる。
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る