アトピーの人が在宅勤務やフリーで働ける!クラウドワークス

 

「アトピーに良い仕事ってどんな仕事だと思いますか?」

 

今、私がFacebook上で運営しているアトピーの方向けのコミュニティで、以前ある方がこんな質問を投稿された事があります。

 

その時、私は「うーん、やっぱり負担が少ないのは事務所とかですかね~」というありきたりな答えをしたのですが、今回はそのアトピーの人のワークスタイルについて書こうと思います。

 

これからの働き方を変えるクラウドワークス

 

インターネット界隈や最新のビジネス事情に明るい殆どの方がご存知かと思いますが、今、注目されているWebサイトで、「クラウドワークス」というものがあります。

 

これは、仕事を社内や団体内ではなく、企業や個人がWebサイト内で募集し、応募のあった人に委託するサービスです。

簡単に言うと「この仕事やってくれる人募集!」という人と「お仕事引き受けます!」という人が簡単に出会える空間です。

先日、このクラウドワークスのCEO吉田さんの講演会に昨日参加してきたのですが、吉田さんの講演を聞いてるうちに、「これはアトピーの人たちにとってとても有難いサービスなんじゃないか」と思うようになりました。

 

在宅勤務や専門スキルをいかして自分のペースで働きやすくなる!

 

私たちアトピー患者は、症状がひどくなるにつれ社会生活に支障が出てきて、さらに悪化すると外に出ることすら出来なくなります。つまり、継続的に勤務する事は、結構大変なんですよね。。

 

それでも生活できるだけのお金は稼がないといけないのと、アトピーの治療関連で出費が重ねる現実もあり。。。

そういう時に、働かなくてはいけないけど、どうしても人目が気になる。仕事内容にはそんなにこだわらない、という方には、このクラウドワークスは大変便利な存在だと思いました。

 

仕事内容は、基本的にはWeb制作とかデザインといったスキルを求められる仕事が多いです。後は、翻訳や記事の執筆案件なども沢山あります。

 

また、場所を問われないのが最もよい利点です。仕事内容とスキルにフォーカスしたマッチングサイトなので、年齢や性別はもちろん、ネット環境さえあれば場所は問われません。

 

つまり、自宅や療養施設にいながらも仕事をする事も可能です。

 

仕事にストレスはつきものですが、そのストレス要因の一位は職場の関係だと言われています。もしそれが原因でアトピーが悪化しているのなら、我慢してそこで働き続けなくても、クラウドワークスといったサービスを活用すれば、生活費は稼げる可能性があります。

 

なので、将来的にこういうサイトから仕事を受注して生活していけるうようなスキルをつけておくのが、今後のアトピーの人の新しい働き方に求められる事だと感じます。

 

吉田さんの講演の中で印象的だったのは、「今後ますます国家・企業・個人が並列していくだろう」という部分でした。

 

今はもう昔のように無理して会社に勤める必要性がなくなってきています。数年後にはアトピーの為に空気のきれいな地方に移住するなんて事ことも、気軽にできるようになるかと思います。楽しみですね!^^

 

→日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

 

 
☆☆☆☆☆☆untickleからのお知らせ☆☆☆☆☆☆

自分にあったアトピー対策が簡単に見つかるiPhoneアプリuntickleバナー
 

 

 

 

この記事を書いた人

野村 千代
野村 千代
untickle発起人。生まれつきアトピーで重度の症状により過熟白内障を患い失明状態に。その後も症状の悪化により3度社会生活を中断。2013年に本格的なアトピー改善に取り組むも、情報混乱のせいでなかなか自分に合う対策法が見つからず、苦労したことがきっかけで、untickleを立ち上げる。
Pocket
LINEで送る