アトピーフリーコムとしてアンティクルにインタビューしてきました!

 

1ヶ月半ぶりの更新になってしまいました。ライターをしているウエキです。

現在私が携わっている患者団体アトピーフリーコムは年に3回会報誌を出しているのですが、今月(26年3月)号ではuntickleの野村さんにインタビューをしました。今回はそのインタビュー内容をまとめてみました。

※アトピーフリーコム参照記事
http://column.untickle.com/2013038_atopyassociation/

———————————————————————————–

untickleはtickle(ムズムズ)をunする(なくしてワクワクにする)という意味です。その言葉どおりこのサービスにワクワクしてしまった私はuntickleでライターをするなどして、活動に携わらせていただいています。楽しく活動しているのですが、知りたいことがふたつありました。ひとつは「untickleの今後の展望」、もうひとつは「なぜuntickleを株式会社にしたのか」です。今回はそのことを中心に野村さんにインタビューをしてきました。

untickleはどんな世界を作りたいのか

sky

 

- 1年ぐらいしていた個人事業主の仕事をアトピーで倒れたのを理由に2013年5月、他の人に引き継がざるをえなくなったそうですね。そのときは、さすがに落ち込んだんじゃないですか?
「そうですね。落ち込みましたね。それで、2013年6~7月療養のため沖縄にいました。そこで、7月にuntickleの構想が生まれます。この時期、アトピーともっと向き合わなければと思い、アトピーの情報をたくさん調べていました。でも、本を見てもネットを見てもピンとくるものがなかったり、落ち込むことが多かったです。なので、自分でアトピー情報の整理をしていこうと思いました。またサービスをゼロから作りたいという気持ちもありました。その思いでuntickleが生まれます」

- 既存のアトピー情報がピンとこないというのは何となくわかる気がするのですが、具体的にはどういうことでしょうか?
「移住だったり、界面活性剤を一切使わない、自然食品以外食べないなど、実現が難しそうな対策ばかりが多いということです。東京にいて働いている人ができるような対策があまりない。なるべく仕事に支障がでないアトピーの対策をしていって完治を目指すというイメージでやっていきたい。今日、untickleで情報を得た人がすぐ実行できて結果をだせるような具体的な対策を紹介していきたい」

- 今後の展望は?
「サービスをいずれ、インフラにしていきたいと思っています。ヤフーとかLINEみたいな生活に根付いているものにしていきたいのです。アトピーの人はみんなuntickleのサービスを使って情報を得たり商品を買ったりしているイメージです」

なぜ趣味やNPOとしての活動ではだめなのか

キャンプファイヤー

祝サクセス!

 

- untickleをなぜ株式会社にしたのですか?アトピーの団体で株式会社にするところは少なくとも僕が知っているのは日本オムバスさんぐらいです。

 

「アトピーの人のためのサービスをゼロから作ることを考えたときに自然と株式会社になりました。NPOなど寄付を母体にして成り立っている団体だと、寄付してくれた人の想いの実現のために活動することになる。それではゼロから自分の作りたいサービスを作ることができない。私はサービスを作ることで価値を生み出したい。価値が生まれればお金が生まれる。それは金儲けのためとかではなくて価値を生みたい」

- 逆に言えばお金が絡まないと本当の価値は生まれないんですよね。無料で提供できるサービスには限界がある。
「私もそう思っていて、皮膚科にお金を払って治療をするのも価値があると思っているからお金を払うと思うんです。より大きな価値を生むために、選んだのが株式会社化という選択肢でした」

アトピーケアと起業

untickle野村

 

- 今の働き方はどんな感じですか?
「昔のような激務は避けています。身体を大事にすることも仕事だと思っていて、症状が良くないときは午後から仕事をするようにしています」

- 午後から渋谷のコワーキングスペースに来ているんですね。仕事が終わるのは早いんですか?
「それは・・・。結局、終電になっちゃうことも多いですね(笑)」

- 最後にフリーコムを読んでいる方へメッセージをお願いします。
「人によって良いアトピー情報は様々だと思います。ある人にとってはお金のかからない方法かもしれないし、ある人にとってはステロイドを使わない方法かもしれない。良い悪いはその人が試す価値があると思うかで決まると思います。そういった様々な価値観を持った人が簡単に自分にとって良い情報を見つけられる場所にuntickleのサービスをしていきたいと思います。是非untickleの情報を活用してください。untickleのサービスも今後もっと拡大していきたいなと思っています」

———————————————————————————–

いかがでしょうか??私はこの活動にワクワクしてライター活動に参加しています。
untickleの第一の目的は「アトピー情報の整理」。そのためには多様なアトピー情報の集合が必要です。それによって自分に合った情報が見つけやすくなります。情報の量のためにはみなさんがお持ちの情報や意見が必要です。

また、情報を見つけやすくするためのシステムも必要ということで、現在untickleではエンジニアを募集しています。近くウェブサイトだけでなくアプリも開発する計画だとか。条件は「ご本人か身内の方にアトピー経験があること」。ご興味のある方はぜひ連絡してみて下さい!
→ https://www.wantedly.com/projects/6331

 

 

☆☆☆☆☆☆untickleからのお知らせ☆☆☆☆☆☆

untickleSNSバナー

 

 

この記事を書いた人

ウエキ
ウエキ
1982年生まれ。生まれつきアトピー。20年程標準治療の後、ステロイドを止める。大卒後2度のリストラを経験し、2011年4月から病院の事務職。リストラ経験について笑って聞いてもらえる方法を模索中。twitter @ueueki 。患者会「アトピーフリーコム」のスタッフをしながらアトピーについて勉強中。
[`evernote` not found]
Pocket
LINEで送る